Tutorial

音声を録音するには

音声を録音するには、Javascriptを記述します。
FileSystemオブジェクトとMediaオブジェクトの組み合わせで実現出来ます。

Javascript

<textarea id="message" rows="3" cols="30"></textarea><br />
<a id="start">録音開始</a><br />
<a id="stop">録音停止</a><br />
<a id="play">再生</a><br />

<script type="text/javascript" charset="utf-8" src="/js/applican-1.0.0.js"
<script type="text/javascript" charset="utf-8" src="/js/jquery-1.10.1.min.js"
<script type="text/javascript" charset="utf-8"><!--
	//オーディオ録音
	var media = null;
	var filepath = null;

	// applican の読み込み完了まで待機
	document.addEventListener("deviceready", onDeviceReady, false);
	// applican 準備完了
	function onDeviceReady() {
		$(function(){
			$("#start").click(function() {
				applican.requestFileSystem(LocalFileSystem.PERSISTENT, 0, requestFS, onEr
			});
			$("#stop").click(function() {
				media.stopRecord();
			});
			$("#play").click(function() {
				media.play();
			});
		});
	}
	// FileSystemに記録
	function requestFS(fileSystem) {
		fileSystem.root.getFile("recordMedia.m4a", {create: true, exclusive:
	}

	function startRecord(entry) {
		// Media
		media = new Media(entry.fullPath, onSuccess, onErrorMD);
		// 録音開始
		media.startRecord();
	}

	function onSuccess(){
		$("#message").val("onSuccess");
	}
	function onErrorDR(error){
		$("#message").val("device is error\ncode: " + error.code);
	}
	function onErrorFS(error){
		$("#message").val("fileSystem is error\ncode: " + error.code);
	}
	function onErrorMD(error){
		$("#message").val("new Media() is error\ncode: " + error.code);
	}

//-->
</script>

解説

プラットフォームの準備が完了してから、Aタグに録音開始、録音停止、再生のクリックイベントを割り当てています。
録音開始がクリックされたらfileSystem にrecordMedia.m4a というファイルの作成と、そのファイルに対してMediaオブジェクトを生成し、startRecordメソッドで録音を開始しています。
停止、再生はそのMediaオブジェクトのメソッドを利用します。

会員登録(無料)はこちらから