Start Up

step5 ビルド設定_iOS

iOSアプリケーションをビルドする際の設定項目です。

!!注意!!この項目は面倒です。が、頑張りましょう。

前提として、iOS Developer Programの購入が必要です。(1日以上かかります。)
iOS Developer Programへの登録について
 
1.AppleDeveloperアカウントの作成(無料)
https://developer.apple.com/register/index.action
2.iOS Developer Programの購入とActivation(有料/年間ライセンス)
https://developer.apple.com/jp/programs/start/standard/

iOSビルド設定

Step1.証明書署名要求(CSR)ファイルを作成します。

Apple Developerアカウントのメールアドレスを入力し、「CSRの作成」ボタンをクリックします。

Step2.配布証明書(CER)ファイルの作成要求(to Apple社)

1.Step1で作成したCSRファイルをダウンロードしローカルに保存します。

2.iOS Dev Centerサイトを訪問し、iOS Developer ProgramのCertificates,Identifiers & Profilesを
クリックします。

https://developer.apple.com/devcenter/ios/index.action

3.Certificates画面内の右上にある「」ボタンをクリックし、新規にCertificateを作成します。

Select Type画面ではDevelopmentを選択します。

ウィザード形式になっていますので、必要事項を入力や確認をし画面を進めてください。

この画面でCSRファイルを要求されますので、Step2の最初でダウンロードしたファイルを指定します。

しばらくすると、Certificateファイルが出来ました。と表示してくれます。

Download」ボタンでCERファイルをローカルに保存してください。

Step3.配布証明書(CER)ファイルをapplicanに登録します。

ローカルに保存したCERファイルをapplicanにアップロードします。

Step4.アプリケーションID(App ID)をiOS Dev Centerで登録します。

Step2と同じApple社のサイトの左メニューで「Identifiers」の「App IDs」を選択し、画面右上の「」ボタンをクリックします。

新たにApp IDを作成する画面が表示されますので、必要情報を入力してください。

この際、Bundle IDは記録しておいてください。後で利用します。(Domain記述の逆順形式)

確認画面が表示されますので、内容を確認の上「submit」ボタンを押してください。

Step5.プロビジョニングファイルをiOS Dev Centerで作成します。

Step2と同じApple社のサイトの左メニューで「Provisioning Profiles」を選択し、画面右上の「」ボタンをクリックします。

Select Type画面で「iOS App Development」を選択し、「Continue」をクリックします。

Configure画面ではStep4で作成したApp ID(アプリケーションID)を選択します。

続いて、このアプリケーションで利用するcertificateとテスト端末を選択します。

テスト端末選択

続いてGenerate画面ですが、Profile Nameに識別しやすい名前を付けて「Generate」ボタンをクリックしてください。

以上でプロビジョニングファイルが作成されます。完了画面の「Download」ボタンをクリックし、プロビジョニングファイルをローカルに保存してください。

Step6.プロビジョニングファイルをapplicanに登録します。

Step5でローカルに保存したプロビジョニングファイルをapplicanにアップロードします。

iOSアプリ設定

アプリケーションの設定情報を入力します。

特に迷うことはないと思いますが、Bundle identifierをStep4で入力した値と同じものを入力してください。

以上です。お疲れさまでした。。。

会員登録(無料)はこちらから