Option Service

INFOSOUND

音響通信技術「INFOSOUND™」について

『INFOSOUND』は、ヤマハが開発したデジタル情報を音響信号に変調して伝送する技術です。これにより、人間にはほとんど聞こえないようにデータの伝送を行うことが可能となります。スピーカーから出た短い情報符号(INFOSOUND信号)を携帯端末のマイクで受信し、サーバーとの連携でURL情報に変換する仕組みを用いることで、ユーザーはスピーカーに近づくだけでチェックインをしたり、クーポンを受け取ったりするなどのサービスを受けることができます。 『INFOSOUND』の特長として、「既存のスピーカー設備を利用することができる」「複数の受信機に同時にデータを配信(1対多配信)できる」「音量やスピーカーの指向性で到達範囲を制御することができる」等があり、今後、幅広い分野での利用が見込まれています。

INFOSOUNDオプション専用発信機

  • 寸法:53(幅)×61.2(奥行)×36(高さ) mm
  • 質量:42 g

※本オプションサービスは、「INFOSOUNDオプション専用発信機」のご利用を前提としております。それ以外の発信機、スピーカーはご利用いただけません。

INFOSOUNDの仕組み

屋内に設置したINFOSOUND発信機から発信される音波とアプリが連動する、新しいO2Oソリューションを実現可能です。

※コンテンツの表示にはアプリ側での実装が必要です。詳細はリファレンスのinfosoundAPIをご確認ください。

INFOSOUNDの特長

INFOSOUNDはノイズやドップラー効果に強く、確実に情報を伝達することができます。様々な場所で、新しい情報伝達の可能性を広げます。

導入の流れ

STEP01アプリカンで
INFOSOUNDオプション
対応アプリを開発

Infosound APIを使ってアプリを開発しよう。
開発にはInfosound APIのリファレンスをご参照ください。

STEP02店舗に専用発信機を
セット

発信機は電源を指して、安全な場所に置くだけで設置完了です。

専用発信機から音波が届く範囲はおよそ半径5mです。

STEP03発信機ONにし
アプリを起動するだけ

オンにした発信機の近くで、あなたが開発したINFOSOUNDオプション対応アプリを起動してみよう。発信機から発信されている音波をアプリがキャッチ可能です。

INFOSOUNDオプションをお申し込みの方は、会員登録が必要です。

会員登録(無料)

INFOSOUNDオプションをお申し込みの方は、ログイン後、管理画面の各プロジェクトからお申し込みください。

ログイン

会員登録(無料)はこちらから